Confirm

EXINの歴史

EXINの歴史

EXINはオランダ経済省の構想により創設されました。オランダ政府は1984年、「管理情報処理のコンピュータ化と機械化」(「AMBI」、当時の名称)の教育・訓練の一環として試験を導入することを決定しました。この計画がEXIN(EXaminations INstituteの略称)のスタートとなり、のちにEXINという事業体になりました。EXINが創出したIT基準にはITプラクティカル・ディプロマ(PDI)、ITIL®、PRINCE®やISPLなどがあり、多岐にわたっています。EXINは長年にわたってこの分野で認証を提供してまいりました。

 

IT能力のフレームワーク

EXINは1990年代に多くのIT組織と協働してフレームワークの開発を行いました。このフレームワークは、ヨーロッパの共同事業体Space Careerの基準にもとづいてIT能力を規定するものでした。その後、EXINの協力のもとに開発された欧州共通の資格フレームワーク(European Competence Framework)によって、EXINは国際的な試験機関としての地位を確立しました。

 

近年の発展

「伝統的なIT」の世界は常に変化しています。情報管理とビジネスプロセスの管理はもっとも変動の多い分野であり、その重要度は増すばかりです。情報の監視と管理はもはやITプロフェッショナルだけの仕事ではなく、アクセス権を持つ全員が担当者であるといえます。

 

組織が強くあるためには、スタッフが適正なスキルと意欲を持つことが不可欠です。EXINはこのニーズに応えるためにTracks (アイトラック) を提供しています。Tracks (アイトラック)とは、役割にもとづく柔軟な認証プログラムであり、AMBIおよびPDIの要素も含まれています。EXINは2010年、さらに新たに、ISO/IEC 20000準拠 ITサービスマネジメントおよびISO/IEC27002準拠 情報セキュリティ認定プログラムの2つのプログラムを導入しました。

印刷 print 最新情報をフォロー facebook twitter linkedin youtube
サイトマップを開く

EXIN International

Radboudkwartier 223
Radboudhof, floor 5 (Hoog Catharijne)
3511 CJ Utrecht
The Netherlands

 

お問い合わせ »