Confirm

EXIN DevOps Master

EXIN DevOps Master

概要

DevOpsとは「デベロップメント(開発)」と「オペレーション(運用)」を短縮した言葉です。DevOpsとは、アプリケーションやサービスのライフサイクルを通して開発者、運用担当、支援スタッフといったITプロフェッショナルの協業やコミュニケーションを重視し、以下を導くための一連のベスト・プラクティスです。

• 継続的インテグレーション:開発から運用やサポートへの容易な引継ぎ

• 継続的デプロイメント:継続的なリリースや可能な限り頻繁にリリース

• 継続的なフィードバック:全てのライフサイクルのステージでの関係者からのフィードバックを要求

 

DevOpsは、仕事に対する各個人の考え方を変えます。DevOpsは、完了した仕事の多様性を評価し、ビジネスが価値を実現する速度を速めるための意思決定プロセスを支援し、また、社会的、技術的な変更による効果を測定します。DevOpsは、持続可能な業務習慣を各個人や組織が開発して維持することを可能にする考え方であり、働き方です。     

   
DevOpsの成功は、

• ストーリーを共有し、共感を育て、「他人を非難しない」文化を持つことです。人々やチームは、効率的かつ永続的な方法で技能を実践できるようになります。

• ビジネスのためにアプリケーションやサービスをジャストインタイム(JIT)で提供します。

• ビジネス要求のリスク視点でのアプローチで、ITサービスの継続性を確実にします。

• アプリケーションやサービスのエンド・オブ・ライフ(EOL)条件を加味した完全なライフサイクルを管理します。

 

この認定試験は、知識のみならず実践的な能力の習得を目指しています。チームの中で、DevOpsを成功裏にすすめ、組織の中で基本概念を啓蒙できるDevOpsマスターを育成します。

 

この認定試験は、EXIN認定資格プログラムの一部であり、DevOps分野の専門家との協業により開発されたものです。


 

Target group

DevOpsは、ソフトウエア開発の分野では、良く知られていますが、その基本概念はITサービスや他のプロジェクトでも同様に適用可能です。DevOpsマスターの教育コースと認定試験は、ICTマネジメント領域で最新の開発に携わり、知識を進化させたいと考えているすべてのプロフェッショナルを対象としています。
EXIN DevOpsマスター認定は、DevOpsチームで働く方々やDevOps的な働き方への変革を望む方に向けた資格です。対象とするグループには、アプリケーションやサービスの開発者、プロダクトオーナ、アジャイル・スクラムマスター、プロジェクト管理者、テスト技術者、テスト管理者、ITサービス管理者、プロセス管理者やリーンIT実践者などが含まれます。

 

試験要件

 

この認定試験は、ITサービスマネジメント、リーン、アジャイルスクラムの基本用語を含むDevOpsの基本的な概念に精通している、次の資格保持者の方に強くお勧めします。

 

  • EXIN Agile Scrum(アジャイル・スクラム)の知識は、DevOps的な働き方での機敏性について理解するうえで役立ちます。
  • TPI Next®またはTMap Suite® 認定は、あらゆる段階でテストの自動化や統合化の意味を理解するうえで役立ちます。
  • EXIN Application Management(アプリケーションマネジメント) は、どのアプリケーションが稼働中でサポートされるのかを理解するうえで役立ちます。
  • EXIN IT Service Management(ISO20000準拠ITサービスマネジメント)の知識があれば、アプリケーションやサービスが稼働し、サポートされる背景を理解できるというメリットがあります。
  • LITA Lean IT(リーンIT)には、first-time-right(実環境にエラーが入り込むことを防止する)の重要性や、その他のリーンの概念の重要性を理解できるというメリットがあります。

 

 

e-Competence Framework (e-CF)

e-Competence Frameworkへのマッピングは次の通り.

 

    Level
 e-CF Area   e-Competence e-1 e-2 e-3 e-4 e-5
PLAN

A.1.

IS and Business Strategy Alignment          
A.2. Service Level Management          
A.5. Architecture Design          
A.6. Application Design          
A.7. Technology Trend Monitoring          
A.9. Innovating          
BUILD
B.1. Application Development          
B.2. Component Integration          
B.3. Testing          

B.4.

Solution Deployment          
B.6. Systems Engineering          
RUN
C.2. Change Support          
C.3. Service Delivery
       
C.4. Problem Management          
ENABLE 
D.9.

Personnel Development

         
D.11. Needs Identification          


Legend for coverage
:

  General - The competence is covered at the level indicated
  Partial - The competence is covered to some extent
  Superficial - Relevant knowledge is covered to some extent
  The competence level is not available in the framework

日本のIPA ITスキルスタンダードでは、レベル4相当

前提条件

EXIN認定教育事業者が提供するEXINDevOpsマスタトレーニングの受講は必須条件です。

DevOpsの基本的知識のある方、以下の書籍の熟読、または入門コースの受講を強く推奨します。

  • 継続的デリバリー(発行;アスキー)

 

試験詳細

試験時間: 120分

問題数: 50

合格に必要な正解率: 65% (50問中33問)

本・メモの持込: no

電子機器の持込: no

 

印刷 print 最新情報をフォロー facebook twitter linkedin youtube
サイトマップを開く

EXIN International

Radboudkwartier 223
Radboudhof, floor 5 (Hoog Catharijne)
3511 CJ Utrecht
The Netherlands

 

お問い合わせ »