Confirm

Green IT Foundation

Green IT Foundation

概要

Green ITファンデーションは21世紀に活躍するITプロフェッショナルのための認定資格です。

コスト削減、効率性向上、環境フットプリントの削減を求めている組織では、GreenIT資格プログラムを利用することにより、よりよいパフォーマンスと協力を得ることができます。

GreenITは、組織全体のインテリジェント技術、エネルギー技術、エコフレンドリー技術の効果的なアプリケーションと定義されます。

 

ターゲットグループ

SMART / GREEN ICT は効率のよいビジネスの増加や、コストや環境フットプリントの縮小のための次世代のSMART ICTソリューションを求めるITプロフェッショナル、ビジネスアナリスト、既卒生、サステナブル(持続可能性担当)マネージャ、ビジネスマネージャ向けです。受験者は1年以上のIT分野での実務経験があることが望ましいです。

 

個人の場合

ICT雇用マーケットでは組織や雇用の中で”SMART / GREEN ICT”の価値が高まっています。

 

組織の場合

21世紀の経済界で利益を高め、他社と競合でき、ビジネスを効率的に適応できるもの-コストの高い時代遅れのビジネスソリューションに代わるものが求められています。

 

政府機関の場合

リーダーシップ、資源保護活動、21世紀の労働能力の開発とその確保を求めている官僚、スタッフの方に最適です。

 

コンテキスト

Green ITの原則は企業の社会的責任(CSR)と一致しており、サプライチェーンやビジネスオペレーションのための効率的なイニシアティブを支持しています。

 

このウェブページの右側のダウンロードメニューからSMART / GREEN ICTのフレームワークに関する準備ガイド、模擬試験、ホワイトペーパーをダウンロードできます、

EXINは、ビジネスユーザーのためのGreen IT Citizen資格もご用意しております。

 

必須条件

なし

 

試験要件

試験の仕様  

ウェイト(%)

1 Green ITの理解

15%

1.1 Green ITの定義

1.2 Green ICT フレームワーク

1.3 Green ITの原動力と誘引

1.4 企業社会責任(CSR)と Green IT

 

2 ライフサイクル管理

25%

2.1  IT機器、サービス、消費財の入手

2.2 オペレーション使用

2.3 寿命

 

3 インフラの適用

20%

3.1 インフラの需要

3.2 インフラの供給

 

4 実現者としてのIT

20%

4.1 バーチャルな協業とe-working

4.2 SMART ビジネスシステム

4.3 SMART ワークプレース

 

5 Green ITのためのガバナンスとプロセス

 20%

5.1 環境ガバナンスとGreen ITポリシー

5.2 サービスマネジメントに関係したGreen IT

 

試験詳細

問題数:

40

合格に必要な正解率:

65% (40問中26問)

本の持込:

No

電子機器の持込:

No

 

印刷 print 最新情報をフォロー facebook twitter linkedin youtube
サイトマップを開く

EXIN International

Radboudkwartier 223
Radboudhof, floor 5 (Hoog Catharijne)
3511 CJ Utrecht
The Netherlands

 

お問い合わせ »