Confirm

Information Security Foundation (based on ISO/IEC 27002)

Information Security Foundation (based on ISO/IEC 27002)

概要

情報セキュリティの重要性は増しています。経済のグローバル化により、組織(その従業員、顧客、およびサプライヤ)の間での情報交換や、社内ネットワーク、他社のネットワークやインターネットとの接続などのネットワークの利用が増加しています。更に、多くの企業でのビジネス活動は、ITに依存し、”情報”そのものが資産として価値を持ってきました。情報の保護は企業存続や正常活動に極めて重大です。情報は信頼がなければなりません。

 

 ISO/IEC 27002準拠情報セキュリティファンデーションでは何が達成できますか?

  • 社員間での情報セキュリティの気づき、アウェアネス.
  • 必要な対処への方法の理解とどのような時にそれが必要かの理解.

 

ターゲットグループ

重要情報を取り扱うすべての従業員; CEOから事務職まで

 

コンテキスト

ISO/IEC 27002 準拠 情報セキュリティ ファンデーションは、ISO27002 準拠 情報セキュリティ マネジメント アドバンスド、ISO27002準拠 情報セキュリティ マネジメント エキスパートの資格へと続きます。このプログラム内の全3資格は、ISO / IEC27000の国際スタンダードに基づいています。

 

必須条件

なし

 

試験要件

  1. 情報の概念、重要性、信頼性についての知識を取得。 
  2.  リスク、脅威、損害の種類と、有効なリスク戦略やセキュリティ対策を習得。
  3. 行動規範、所有権、役割と責務を含めたセキュリティポリシーと組織を理解。また、セキュリティ・インシデントの管理方法を習得。
  4. 様々なセキュリティ対策について習得.
a. IDパス、指紋認証などの物理的手段
b. 暗号化などの技術的対策や、フィッシング、スパム、マルウェア等からの攻撃への対処方法
c.

アクセス管理やビジネス継続マネジメントとして講じることができる組織的対策

  5.  最も重要な法律や規制を認識。

 

試験詳細

 

問題数 (選択式) 40
合格に必要な正解率 65% (40問中26)
本の持込 no
電子機器の持込 no

 


                 

 

印刷 print 最新情報をフォロー facebook twitter linkedin youtube
サイトマップを開く

EXIN International

Radboudkwartier 223
Radboudhof, floor 5 (Hoog Catharijne)
3511 CJ Utrecht
The Netherlands

 

お問い合わせ »