キャリアパス認定資格:サービス・インテグレーション・マネージャ

企業がデジタルの世界に適応するにつれ、サプライヤの状況はますます複雑になっています。

長期的なレガシー契約を捨てて柔軟性を追求し、マルチベンダーモデルや「すべてをサービスとして提供する」ことが当たり前になっています。このようなアプローチは、より大きなアジリティを可能にしますが、サービスが適切に統合されず、サプライヤが連携していない場合には、重大な問題が発生します。

サービス・インテグレーション・マネージャーの役割は、サービスのエンド・ツー・エンドの能力を効果的かつシームレスに統合し、単一のビジネス向けIT組織を提供することです。これには、サプライヤーが新しい働き方を理解し、この変化の中でどのような行動が求められ、管理するのかが肝要です。

EXIN Service Integration Manager

この資格を取得すると、この役割を成功させるために必要なコンピテンシーを持っていることが証明されます。

これらのコンピテンシーには、サービスマネジメントとクラウドコンピューティングの領域における背景知識と、サービスインテグレーションとマネジメント(SIAM™)に直接関連する特定の実践的スキルが対象です。

 

何故、Service Integration Managerが必要か?

外部のサービスプロバイダとは、クラウドコンピューティング、データベースと情報管理、ITプロセス、マーケティングオートメーションなど、様々な機能をアウトソーシングしたものです。このような需要がますます高まる中、マルチベンダー環境の柔軟性と統合サービスアプローチの安定性のバランスを取るためには、サービス・インテグレーション・マネージャが不可欠です。
サービス・インテグレーション・マネージャーは、サービスを効果的かつシームレスに統合し、現代社会におけるサービスの提供を成功させるために不可欠な役割を担っています。
より多くの組織がSIAMの価値を認識するにつれ、この役割に対する需要が高まっており、それは魅力的な給与と豊富な機会に反映されています。

 

サービス・インテグレーション・マネージャーは、サービス・マネジメントのキャリアを積みたいと思っている人や、リレーションシップ・マネジメントの分野で経験を積みたいと思っている人にとって、エキサイティングな仕事です。サービス・インテグレーション・マネージャーになるということは、ダイナミックな役割を担い、活動の中心にいて、異なる(外部の)関係者をまとめ、サービスのエンド・ツー・エンドを俯瞰することを意味します

 

弾力性のある統合されたサプライチェーンの構築に注力してきた企業はその効果を実感しています。しかし、サービスプロバイダに対する理解や管理が不十分であったために、その代償に気づくのが遅れた企業もあります。SIAMには多くの利点があり、組織が予期せぬ事態に対処するのに役立ちます。出典:Claire Agutter – Scopism社のディレクター「2020 Global SIAM Survey」より

 

以下の図は、EXIN 認定サービス インテグレーション マネージャになるために必要なパスを示しています。
EXIN Service Integration Manager の認定資格を得るためには、3 つの認定資格の取得が必要です。これらの認定資格は、サービスマネジメントとクラウドコンピューティングの基礎をカバーしており、必要な理論的知識を身につけることができます。

 

最上位の認定資格は、特にSIAMの原則と実践の適用に焦点を当てていますが、すぐに職務に就くために必要なスキルを確保するための実践的な課題も含まれています。
この認定資格は、キャリアパスを反映して設計されており、認定資格を取得するにつれ、徐々に難易度が上がっていきます。

 

EXIN Service Integration Manager認定資格の構造

まずは基礎レベルの認定を受けてから、上級レベルに進むことをお勧めします。ただし、以下のいずれかの資格または同等の資格をすでに取得されている場合は、残りの2つの試験を受けるだけでキャリアパス認定を受けることができます。

 

EXIN Service Integration Manager キャリアパスの中には、表示されている資格の代わりに認められている代替資格があります。現在認められている代替資格の全リストは、こちらのドキュメントをご覧ください。

 

サービス・インテグレーション・マネージャは、サービス・マネジメントの確実な理解が必要です。EXIN Service Integration Manager 認定資格の最初のレベルでは、サービスマネジメント(例:VeriSM™に基づく)またはサービス インテグレーションと管理(SIAM™)のいずれかの基礎レベルの認定資格が必要です。これらの基礎レベルの認定資格のいずれかを取得することで、最新のサービスマネジメントの基礎知識を身につけることができます。
サービスマネジメントの知識に加えて、クラウドコンピューティングについても理解が必要です。
あらゆるものがサービスとして提供される現在の世界では、クラウドベースのサービス・プロバイダーは、ほとんどのマルチベンダー・モデルに不可欠な要素となっています。サービス・インテグレーション・マネージャーとして、クラウドベースのサービス・プロバイダーを管理し、彼らから何を期待できるかを理解する必要があります。そのため、EXIN Service Integration Manager 認定資格のファンデーション・レベルにもこの項目が含まれています。

 

最後に、EXIN Service Integration Manager 認定資格を取得するには、SIAM™ Professional 試験での合格が必要です。これは上級レベルの認定であり、サービス統合・管理の重要な側面をすべて深く実践的に理解し、組織内でSIAMプラクティスを適用する方法を学ぶことができます。

 

EXIN Service Integration Managerになるにはどうすればいいですか?

必要な3つの認定資格を取得すると、自動的にEXIN Service Integration Managerの認定資格が与えられます。
始めるには、Get Certified ツールにアクセスして、最初に取得したい認定を選択してください。さらに詳しい情報をお知りになりたい方は、サポートチームまでお問い合わせください。