イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

【無料セミナ】グローバル時代におけるソフトウェア・テスト

7月 11, 2013 @ 13:00

オフショア、グローバライゼーション、グローバルソーシング。
日本企業が直面するグローバル人材確保の必要性は、あらゆる分野で急速に高まっています。
特にソフトウェア開発におけるグローバル化は著しいにも関わらず、テストの分野では課題が多く見られます。テストにおける仕様書策定、受入れテスト、監査技法など発注者側がベンダの品質をマネージすることが難しい状況です。

試験機関であるEXINはソフトウェア・テストのグローバル資格を通じて、グローバルな思考、手法、技法、カルチャを日本のプロフェッショナルの方に提供し、環境や文化の異なる人が集まるプロジェクトの中で、効果的、効率的にソフトウェア・テストを行うことを促進しています。
数あるテストの手法の中でも実践的な手法として名高いTMAPをご紹介すると共に日本の専門家の取り組みについてご講演いただきます。

開催 日時: 2013年7月11日(木)13:30~16:45(受付13:00)
開催 場所: 東京都、新宿
費         用: 無料(事前登録制)
定         員: 70名
主         催: 株式会社Blueship
企画・後援: EXIN Japan
協        賛: 株式会社富士通ラーニングメディア/日本ヒューレット・パッカード株式会社/
NTTラーニングシステムズ株式会社/NECラーニング株式会社/
グローバルナレッジネットワーク株式会社/株式会社東芝OAコンサルタント

 

お申し込みの方は、次を明記の上、メールにてご連絡ください
①貴社名、部署名
②お役職名
③お名前
④メールアドレス、お電話番号お申し込みはこちら>>
・受付の可否のご連絡は、ご連絡を頂戴してから3日以内にいたします。
・受講票は7月4日頃よりお届けします。
プログラム
13:30-13:50   ご挨拶
株式会社 Blueship 代表取締役社長 慶松大海氏

大規模システムを中心としITサービスマネージメント業務に従事。
その経験からソフトウェア構成管理の重要性に着目し、自社製品trinityを開発。
さらなるITサービスマネジメント領域への貢献を目指す。 

13:50-14:35   ソフトウェアテストの昨日・今日・明日
富士通株式会社 SI技術本部 薮田和夫 氏

入社以来、30数年に渡り社内ソフトウェア開発全般を牽引。
また、国内外のソフトウェア各種団体に参画し、ソフトウェアの発展に貢献。
現在は、テスト標準化に関するISO委員に従事している。

概要
IT技術の進化に伴いシステムの複雑化が加速する昨今、品質確保の手段となるテスト技法の
ニーズも高まってきております。こうした背景の中で、現在のテスト技術動向を中心に、
これまでの技術変遷、及びテスト標準化の今後の動向についてお話しいたします。

14:35-14:50(休憩)
14:50-15:30   テストマネジメントにツールは必要か
 日本ヒューレット・パッカード株式会社   HPソフトウェア事業統括 シニアコンサルタント 湯本剛 氏
ソフトウェア・テストの業務に10年間、テスト・プロセス改善のコンサルティングと教育に8年間従事。概要
 現代のソフトウェア開発は、さまざまなツールがその考え方の実現を支援しています。
ソフトウェアテストに関しても様々なツールが考え方の実現を支援しています。テストマネジメントの
考え方の実現を支援するためにはツールは必要でしょうか?
本講演では、テストマネジメントに対してツールが支援できることと、その意義についてお話しします。
15:30-16:45  TMap NEXT®およびTPI NEXT®を利用したビジネス主導のテスティングについて
 Sogeti ソフトウェア・コントロール クオリティコンサルタント E. Moolenaars-Koetsier 氏
テストマネージャ、テストコンサルタントとして14年のキャリア。
企業に対しテストプロセス改善のアドバイスを提供。概要
世界の金融、テレコム、ハイテク業界、政府機関などに導入されているTMap®を利用した効果的
かつ効率的なテスト手法を説明します。また、監査技法、テスト・プロセス改善の実践的な方法
であるTPI NEXT®についてもお話します。

 

          

本プログラムのPDF版はこちら>>

 

 

詳細

日付:
7月 11, 2013
時間:
13:00