EXIN DevOpsマスター認定資格の提供を開始!

Press Release

2016年8月8日(オランダ ユトレヒト)  国際認定資格試験機関であるEXINは、ユニークなポートフォリオの認定資格EXIN DevOpsマスターの提供を開始いたしました。DevOpsマスターとして、受験者が実務力を証明できるよう教育コースでと試験の両方で、実践課題が用意されています。

DevOpsは、アジャイルの統合的なアプローチにおいて大変重要です。「DevOps 」という言葉自体は、『開発』および『運用』の省略ですが、DevOpsを実践するうえで重視されるのは、ソフトウェア開発者とその他のITプロフェッショナルの間での、協力とコミュニケーションです。この結果として、より迅速で確実な、構築、テスト、そしてソフトウェアのリリースが可能になるのです。

市場での需要の拡大 

DevOpsムーブメントは急速に拡大しています。

ガートナー社のレポートによると、DevOpsの採用は、2015年の66%から、2016年では74%に増加しています。今年、DevOpsはストラテジのメインストリームとして発展し続け、標準となると、予測sれています。

 

過去2年間での、Indeed.com(求人サイト)での、DevOpsの求人数は75%増加し、LinkedInでは、スキルとしてのDevOpsが、50%増加しています。この需要の発展に伴い、正しい能力を備えたDevOpsプロフェッショナルの需要が高まっています。

 

EXINのCEO であるBernd Taselaarは次の様に申しております。

『ほかのDevOps認定資格には、EXIN DevOpsマスターの様な、DevOpsの実践や能力開発はありません。 確かなスキルと能力こそが、拡大している市場に必要なものです。』

 

EXIN DevOpsマスター認定資格は、市場の要望に沿って開発されました。

グローバルなEXINパートナーである、ヒューレット・パッカード社、Automic社、グローバルナレッジ社、Sogeti社。 そして日本のTPS検定協会の理事も開発にも携わって頂きました。

 

TPS検定協会の理事長である、堀切俊雄 様から、この新しいEXIN DevOpsマスター資格プログラムについて次の様に、推薦頂いております。

『DevOpsのプロセスは、過去に推奨された多くの技術、実践方法、およびツールを使用しても、容易に開発することができずにいましたが、EXIN DevOpsマスターは、大変利便性が高いです。 

この文化は、かつて、過剰なほど多数の出版物で、紹介されていました。  EXIN認定資格は、昨今の混沌とした状況から、DevOpsのプロセスを迅速に構築する為の助けになるでしょう。

我々はこのプログラムの開発に協力してきたことを大変嬉しく思っています。』 推薦文、全文はこちら>>

 

EXINについて

EXINはICTプロフェッショナルを認定する、グローバルで展開する独立系機関です。世界中の200万人以上のプロフェッショナルを認定した30年の実績があり、ICTマーケットのリーダーとして信頼できる試験機関です。EXINは認定資格により、知識やスキルの証明に関心を持つICTプロフェッショナルのニーズに応え、幅広い資格のポートフォリオを提供してます。EXINは1,000以上の認定パートナーとともに、165か国以上、20言語以上で認定とアセスメントを展開しています。

EXINの詳細はWEBサイトからご覧ください https://www.exin.jp/JP/ja/home/

お問い合わせ先: supportJP@exin.com