役割ベースの認定資格:お持ちの資格を活かしましょう!

役割ベースの認定資格

複合的な知見を有するプロフェッショナルを育成するために、EXINは2種類の役割ベースの認定資格を提供しています。

「統合資格」プログラムは、アジャイルとクラウドサービスのプロフェッショナルのために、必要とされる背景や関連知識を企画し、認定資格を提供ます。 また、「役割ベース」プログラムは、データ保護と情報セキュリティの2つの役割に対して準備ができるいることを証明する認定資格を提供します。


T字型スキル

急速に発展しているIT市場では、ITプロフェッショナルが新しい情報を常にアップ―デートしながら、関連する分野も把握し、その知識を有効に活用できることが不可欠です。これを行うための最善の方法の1つは、ご自身の専門分野を確立し、その内容に影響がある関連分野を含めた幅広い知識と状況を把握することです。

「T字型」という用語は、1980年頃より提唱され、2010年初めに人気が高まりました。さまざまな形式のスキル開発が長年にわたってつくられましたが、T字型のスキルは常に幅広く認知されています。現代の企業や組織がデジタル化を遂げている現在、T字型のプロフェッショナルはこれまで以上に重要になっています。

T字型のプロフェッショナルは、幅広い知見と深いスキルを兼ね備えています。 Tの柱(Iの部分)は、プロフェッショナルが自分の選んだ分野で持っている専門的なスキルを表します。一方、Tの上の部分は、プロフェッショナルが自分の専門に関連する隣接ドメインについての背景知識を表しています。プロフェッショナルのコアなスキルは背景知識によって強化され、洞察力が高まります。これは、プロフェッショナルが専門知識を包括的に捉えることが可能になるからです。

 

 

利点

プロフェッショナルはキャリアの中で、組織内での役割に付加価値をつけるために必要なT字型のスキルを構築し、それらがさまざまな分野の人やチームと一緒に働くのに役立ちます。

当然のことながら、ITプロフェッショナルは長年の経験を通じてT字型になっています。ただし、認定資格、取得を通じてこの分野の知識と背景をより迅速に習得することが可能です。更に、次の利点も勘案されます。

  • 認定資格を通じてスキルの証明ができる
  • 役割ベースの認定資格企画プログラムを参考としたキャリア形成
  • 目的の分野をカバーする背景知識を習得
  • より豊かな役割とキャリアへのステップ

 

統合資格

認定インテグレーターは、プロフェッショナルが雇用主に専門の知識とジェネラリストの知識の組み合わせを提供できるようにすることで、付加価値を高めることができるように企画されています。専門知識を幅広い知識や情報と共に俯瞰することで、専門家は価値を最大限に引き出すことができます。

 

ITセキュリティ

役割ベースの認定資格

EXINが提供するこれらの認定資格は、ITセキュリティドメイン内で新たに登場する役割のために特別に設計されたものです。 DPO資格およISO資格パッケージは、スペシャリストのスキルと幅広いバックグラウンドを組み合わせて、プロフェッショナルに自分の(新しい)役割からの飛躍的なスタートを切ることを目的とした役割重視の認定資格になります。

品質とテスト

役割ベースの認定資格

DevOpsの品質とテストの役割は、特に意欲的なプロフェッショナル、または既存のテスターを念頭に置いてデジタル時代のために企画されました。