SIAM™ 連載 第4話

<連載> 次世代ITサービスマネジメントSIAM(R)/ITSM 連載 第4話

 


2017年 8月2日 発行

■■■■■■■■■■■■■■■■■

【 第4話  目次 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

<1>  第4話 SIAM(R)ロードマップ。生き残る組織には、継続的改善の

仕組みと変化に適用する文化がある

 

<2> 読者の皆様と質疑応答

 

<3> 次回のお届け予定内容

 

<4> 関連コースご案内

 

<5>  SIAM(R) BOKおよび日本語書籍(itSMF JAPAN 翻訳)のご紹介

 

<6> EXIN推薦書籍のご案内

 

<7> 日経コンピュータ連載のお知らせ

「現場を元気にするチーム運営術」

 

<8> 著者紹介

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<1> 第4話 SIAM(R)ロードマップ。生き残る組織には、継続的改善の

        仕組みと変化に適用する文化がある

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

マネジメントにおいては、PDCAサイクルを素早く回すことが不可欠である。

 

素早く回すことで、改善を素早く実施することができる。なぜ、この素早く

回すことが重要なのか。それは、世の中の流れが非常に早く変化している

からである。

 

素早く変化に気づいて改善していかなければ、あっという間にネガティブな

リスクが顕在化して、気づいたころには手遅れとなってしまう。

 

クラウドについても、初期のころはデータをクラウドに預けることに対して、

セキュリティの面で懐疑的な意見もたくさんあった。

 

しかし、今ではクラウドの利用はかなり進んでいるし、クラウドファースト

などという方針も聞かれることもある。

 

つまり、あっという間にクラウドは市民権を得てしまった。

 

さらに利用が進んでいる組織はマルチクラウド環境となっているため、

SIAM(R)モデルに移行することが必要である。

 

つまり、3レイヤ構造に組織を変えていく必要があり、サービスインテグレータ

(SI)を組織化しなければならない。

 

この場合、このような変化に対する抵抗が発生することが容易に想像できる。

 

特に複数のサービスプロバイダでは、別々のサービス事業者であることが考え

られるため、サービスプロバイダ間でコラボレーションしてサービスインテ

グレータと一緒にサービス品質マネジメントを実施することには、今までにない

思考や活動が要求される。

 

たとえば、Integrated Change Advisory Board (Integrated CAB)である。

 

統合されているサービスに対して何らかの変更要求があり、その変更は複数

サービスプロバイダに対して影響があると考えれば、複数サービスプロバイダで

あつまってIntegrated CABを開催し、リスクや影響を評価しなければならない。

 

このようなサービス事業者横断的なコラボレーション体制を構築するには、

組織は変化に適用して変わらなければならない。

 

SIAM(R)では移行ロードマップとして、

 

1. Discovery and Strategy,

2. Plan and Build,

3. Implement,

4. Run and Improve

 

という4つのロードマップを提唱している。

 

このような新しいモデルに移行し、変化に適用できなければ、その組織は

生き残ることは困難になってくることだろう。

 

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。

唯一生き残ることができるのは、変化できる者である』

– 進化論で有名なダーウィンの格言より –

 

このように素早く組織を変化に適用させていくためには、トップマネジ

メントのリーダーシップやコミットメントを含むISO/IEC20000のSMS

(サービスマネジメントシステム)、ITIL(R)のベストプラクティスの活用、

SIAM(R)モデルへの移行が必要である。

 

最後に生き残るのは、次世代ITサービスマネジメントに適用できた組織である。

( 参考: http://www.eplugone.com/siam )

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<2> 読者の皆様との質疑応答

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本メルマガでは、双方向性を担保する為、読者の皆様からのご質問を

募集いたします。

 

お寄せ頂いたご質問の中から厳選のうえ、次回以降のメール

マガジンで、ご質問内容と回答を掲載いたします。

 

質問はできるだけ具体的にお書きください。回答もより具体的、

実践的になると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<3> 次回のお届け予定内容

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●第5話●

 

『SIAMとアウトソーシング活用』

 

等をお届けいたします。

 

▼今後のお届け予定内容はこちら

http://bit.ly/EXIN_SIAM_News

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<4> 関連コースご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼SIAM(R) ファンデーション 認定コース

◎DIG2 ソリューションズ株式会社(ePlugOne)

 

詳細はこちら>>

http://bit.ly/DIG2_SIAMF

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<5>  SIAM(R) BOKおよび日本語書籍(itSMF JAPAN 翻訳)のご紹介

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■SIAM(R) BOK(Body Of Knowledge)のご紹介■

SCOPISMという、サービスアーキテクト18名で作られている任意団体から、

無料でSIAM(R)Foundation BOKが提供されています。

 

EXIN BCS SIAM(R)認定資格は、このBOKをベースに策定されております。

 

SIAM(R) BOK ダウンロードはこちらから>>

http://bit.ly/SCOPISM_SIAM

 

※ダウンロードには、ご氏名とメールアドレスの入力が必要です。

 

■SIAM(R)日本語書籍のご紹介■

VAN HAREN社発行、SIAM(R)書籍 日本語版が itSMF JAPANの翻訳により

出版されました!SCOPISMの発行時期よりも前のため、若干内容は違いますが

基本的なことを理解するのに役立ちます。

 

書籍名

SIAM:サービス・インテグレーションとマネジメントの原則とプラクティス

 

詳細はこちら>>

http://bit.ly/ismf_SIAM

 

※書籍はPDF版のみとなります(印刷不可)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<6> EXIN推薦書籍のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ITIL Manager/Expertの方執筆の、EXIN推薦書籍をご紹介させて頂きます。

 

●外資系コンサルのビジネス文書作成術

~ロジカルシンキングと文章術によるWord文書の作り方~

 

スキル診断をはじめ、ビジネスシーンで求められる文書を作成する為の、

実践的な参考書籍です。

 

相手に伝わる、相手を動かす文書作成スキルを磨き、

ビジネスの成果を拡大する為、是非ご覧ください!

 

詳細はこちら>>

http://bit.ly/book_SuccessfulBusiness

 

●『アポロ13』に学ぶITサービスマネジメント

~映画を観るだけでITILの実践方法がわかる! ~

 

EXINパートナー様でも多く開催されている、

映画『アポロ13』を題材にした好評のセミナーが

ついに書籍となりました!

 

ITサービスマネジメントの本質と実践方法を楽しく学ぶことができます。

是非ご覧ください!

 

詳細はこちら>>

http://bit.ly/book_Aplio13

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<7> 日経コンピュータ 連載のお知らせ

  「現場を元気にするチーム運営術」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当社DevOps Master資格開発者の一人である三井氏が、

日経コンピュータ誌での連載を開始しました。

 

DevOpsで必要とされるアプローチが満載です。

是非ご一読ください。

 

詳細はこちら>>

http://bit.ly/NikkeiDevOps

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<8> 著者紹介

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

鈴木 寿夫

DIG2 ソリューションズ株式会社 代表取締役

ITIL(R)エキスパート/ ITSM スペシャリスト(based on ISO/IEC20000)

講師&コンサルタント

 

東京都在住

在庫管理、販売管理などアプリケーション開発、コンピュータ・ネットワーク

機器のハードウエア保守、ネットワーク技術/ネットワークマネジメントに

関する教育に従事。後に、運用アウトソーシングに携わり、それをきっかけに

ITIL(R)/ITSMの導入、ISO/IEC20000認証取得支援のコンサルおよび

各種講習講師を実施している。

 

三浦 重郎

エムアイジェイ LLC CEO

PMI PMP(R), ITIL(R) Expert, Quint SGF講師

 

IT分野で30年以上の経験を持ち、ITコンサルタント/マネージャ、

PMO、アウトソーシングビジネスマネージャ等の経験を積む。

2003年より日本クイント株式会社にて、ITIL(R) 及びソーシングガバナンスの

トレーニング及びコンサルティングサービスの提供。

 

■■——————◆◇—————-■■

◎◎本文章の無断転載禁止◎◎

■■——————◆◇—————-■■

EXIN JAPAN(情報科学試験機関)

https://www.exin.com/JP/ja/home/

■■——————◆◇—————-■■