SIAM™ 連載 第8話

 

<連載> 次世代ITサービスマネジメントSIAM(R)/ITSM 連載 第8話


 

2017年 10月 18日 発行

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

【 第8話  目次 】

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

<1>  第8話 サービスインテグレーターの見る世界

 

<2> 読者の皆様と質疑応答

 

<3> 次回のお届け予定内容

 

<4> SIAM(R)BOKおよび日本語書籍(itSMF JAPAN 翻訳)のご紹介

 

<5> EXIN推薦書籍のご案内

 

<6> 日経コンピュータ連載のお知らせ

「現場を元気にするDevOps2.0」

 

<7> 著者紹介

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

<1> 第8話 サービスインテグレーターの見る世界

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

SIAM(R) を理解し始めた多くの人(特に外部サービスプロバイダーに所属する人)

は、ほとんどが同じ結論に至ります。

 

「プライムベンダーがサービスインテグレーターも兼ねるモデルでよいのでは?

それならこれまでと大差無い(し、自社に有利になるので是非強化したい)。」

 

マルチソーシング環境において、全てのアウトソーサーが同じ契約内容であるわけ

がなく、主要な一社(プライムベンダー)が存在し、その下に連なる関連会社や

それ以外のベンダーが乱立する複雑な環境となっているのが実状です。

 

このような環境の中で、プライムベンダーの地位を確立することは、その後の自社

ビジネスを優位に進めるにあたり重要です。競合する他社を退け、自社に有利な

契約や関係を構築できるだけでなく、(「プライム」という言葉からも明らかなように)

全体のアウトソーシングビジネスのボリュームの大きな割合を占めることができる

からです。(「ベンダー・ロックイン」に持って行きやすいとも言えるでしょう。)

 

しかし、SIAM(R) ではそのモデルをお勧めしているわけではないのがポイントです。

※厳密に言えば、モデル(組織の構成例)としては選択肢の一つとして紹介されて

いますが、その根底にある考え方は全く異なるものです。

 

【重要な質問】

———————————————————–

 

・サービスとは何か?〔→顧客に価値を提供する手段のひとつ〕

・誰のために何のためにインテグレートするのか?〔→顧客のビジネス発展のため〕

・永続的な一つの仕組み(世界)として機能し続けるのか?〔→エコシステム〕

 

これらを実現することが、SIAM(R) やサービスインテグレータの価値といえます。

 

———————————————————–

 

基本的に、SIAM(R) が目指していることはITIL(R) が目指していることと同じです。

→「顧客に価値を提供し続ける。」

 

但し、時代がマルチソーシング環境へと変化してきているため、SIAM(R) を考え

実践するべき立場も様々(マルチ)になっているのが、SIAM(R) 誕生の背景です。

 

A. 情報システム部門として、全てのサービスをインテグレートしたい

B. 情報システム部門から依頼されて、インテグレートを行わなくてはならない

C. プライムベンダーだが、その実績を買われてサービスインテグレータも行う

D. プライムではないが、協力会社から提供されるサービスをまとめたい

 

みなさんはどの立場でしょうか?

 

サービスインテグレータの立場によって、対象とするサービスの範囲や複雑さは

異なるでしょう。しかし、目指す方向は同じです。

サービスインテグレータが見る世界は、顧客が見る世界と同じです。

顧客その世界を作り維持するために、組織や企業の壁を越えて協業・共創していく

ことが、サービスインテグレータには求められます。

 

システムインテグレータからサービスインテグレータへ。

サービスマネージャからサービスインテグレータへ。

SIAM(R) は、よりビジネスに近づくためのツールと言っても過言ではありません。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

<2> 読者の皆様との質疑応答

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本メルマガを含む、過去に配信されたメルマガでは、双方向性を担保する為、

読者の皆様からのご質問を募集しております。

 

お寄せ頂いたご質問の中から厳選のうえ、ご質問内容と回答を

ホームページに掲載いたします。

 

質問はできるだけ具体的にお書きください。回答もより具体的、

実践的になると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

<3> 関連コースご案内

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

▼SIAM(R) ファンデーション 認定コース

◎DIG2 ネクスト株式会社(ePlugOne)

 

ePlugOne教育サービスでは、次世代サービスマネジメントのリーディング

カンパニーとして、SIAM(R)ファンデーション教育認定を日本でいち早く

取得しました。

 

SIAM(R)ファンデーション認定教育では、どのようにマルチサービスプロ

バイダを統合しエンドツーエンドのサービスマネジメント、サービス

ガバナンス、コラボレーションを実現するエコシステムを構築するかの

基礎概念を学ぶ事ができます。

 

◆開催日:10月

2017年10月23日-25日

2017年11月20日-22日

以降、毎月開催

 

詳細はこちら>>

http://bit.ly/DIG2_SIAMF

 

 

◎日本クイント&MIJ共催

 

◆SIAM(R) 紹介セミナ

10月10日 15:00~【東京】(実施済)

10月10日 18:30~【東京】(実施済)

10月27日 15:00~【大阪】

 

◆SIAM(R)ファンデーションコース

09月13-15日【東京】(実施済)

10月04-06日【大阪】(実施済)

10月16-18日【東京】(実施中)

11月20-22日【東京】

11月27-29日【大阪】

12月13-15日【東京】

 

以降、毎月 東京/大阪で開催

 

詳細はこちら>>

http://bit.ly/Quint_Japan (日本クイント)

http://bit.ly/MIJ_LLC (MIJ)

 

 

◎ServiceNow Japan株式会社

 

以下ServiceNow社が配信している無料Webセミナー録画です。

ITサービス管理モダナイゼーション(近代化)とSIAMに必要な機能についてさらに

興味を持っていただくことができます。登録のみで視聴が可能です。

 

◆ServiceNowでSIAM(サービス・インテグレーション・アンド・マネジメント)を実現

 

ご登録はこちら>>

http://bit.ly/ServiceNow_SIAM

 

◆ITサービス管理モダナイゼーションによる”Lightspeed”の実現

 

ご登録はこちら>>

http://bit.ly/ServiceNow_Lightspeed

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

<4>  SIAM(R)BOKおよび日本語書籍(itSMF JAPAN 翻訳)のご紹介

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■SIAM(R) BOK(知識体系)のご紹介■

サービスアーキテクト18名で立ち上げた任意団体SCOPISMが、無料で

SIAM(R)Foundation BOKを提供中です。

 

EXIN BCS SIAM(R)認定資格は、このBOKをベースに策定されております。

 

SIAM(R) BOK ダウンロードはこちらから>>

http://bit.ly/SCOPISM_SIAM

 

※ダウンロードには、ご氏名とメールアドレスの入力が必要です。

 

 

■SIAM(R)日本語書籍のご紹介■

VAN HALEN社発行、SIAM(R)書籍 日本語版が itSMF JAPANの翻訳により

出版されました!SCOPISMの発行時期よりも前のものです。

BOKを読まれた後に読まれるとプラクティスの理解に役立ちます。

 

書籍名

SIAM:サービス・インテグレーションとマネジメントの原則とプラクティス

 

詳細はこちら>>

http://bit.ly/ismf_SIAM

 

※書籍はPDF版のみとなります(印刷不可)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

<5> EXIN推薦書籍のご案内

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◎DevOpsを理解するのに役立つ書籍、ドキュメント

 

DevOps 1.0;

以下は、全部で3部作シリーズの企画書籍で、日経BP社より出版。2部がようやく

「The DevOpsハンドブック 理論・原則・実践のすべて』として日本語でリリース。

1部はシステム側から見たDevOpsストーリ

2部はCookBookのようにどこからも参照できるもの

3部はユーザー側から見たDevOpsストーリ

 

システムの開発と運用を一体化するDevOpsの理論と実践を徹底解説

●The DevOpsハンドブック 理論・原則・実践のすべて (新刊)

http://bit.ly/book_DevOpsHandbook

 

●The DevOps 逆転だ! (2014年発行)

http://bit.ly/DOPhenix

 

DevOps 2.0;

2.0は1.0と比較して、ビジネス価値を達成するためのDevOpsとなります。

 

EXIN ホワイトペーパ-

●エンタープライズDevOps

DevOpsによるビジネスを支援するIT サービス

http://bit.ly/wp_DevOps_ep_jp

 

●軽量化されたITサービス

http://bit.ly/wp_DevOps_itsm_jp

 

◎ITIL Manager/Expertの方が執筆されたEXIN推薦書籍です。

 

●外資系コンサルのビジネス文書作成術

~ロジカルシンキングと文章術によるWord文書の作り方~

http://bit.ly/book_SuccessfulBusiness

 

●『アポロ13』に学ぶITサービスマネジメント

~映画を観るだけでITILの実践方法がわかる! ~

http://bit.ly/book_Aplio13

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

<6> 日経コンピュータ 連載のお知らせ

  「現場を元気にするDevOps2.0」

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

当社DevOps Master資格開発者の一人である三井氏が、

日経コンピュータ誌での連載を開始しています。

 

9月14日号からは「現場を元気にするDevOps2.0」を連載中です。

 

DevOpsで必要とされるアプローチが満載です。

是非ご一読ください。

 

詳細はこちら>>

http://bit.ly/NikkeiDevOps_jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

<7> 著者紹介

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

鈴木 寿夫

DIG2 ネクスト株式会社 代表取締役

ITIL(R)エキスパート/ ITSM スペシャリスト(based on ISO/IEC20000)

講師&コンサルタント

 

東京都在住

在庫管理、販売管理などアプリケーション開発、コンピュータ・ネットワーク

機器のハードウエア保守、ネットワーク技術/ネットワークマネジメントに

関する教育に従事。後に、運用アウトソーシングに携わり、それをきっかけに

ITIL(R)/ITSMの導入、ISO/IEC20000認証取得支援のコンサルおよび

各種講習講師を実施している。

 

三浦 重郎

エムアイジェイ LLC CEO

PMI PMP(R), ITIL(R) Expert, Quint SGF講師

 

IT分野で30年以上の経験を持ち、ITコンサルタント/マネージャ、

PMO、アウトソーシングビジネスマネージャ等の経験を積む。

2003年より日本クイント株式会社にて、ITIL(R) 及びソーシングガバナンスの

トレーニング及びコンサルティングサービスの提供。

 

久納 信之

ServiceNow Japan株式会社 エバンジェリスト

ITIL(R)エキスパート

 

米消費財メーカーにて長年、国内外のシステム構築、導入プロジェクト、

IT オペレーションに従事。1999 年からは ITIL を実践し、ITSM の標準化

と効率化に取り組む。itSMF Japan 設立に参画するとともに ITIL 書籍集の

日本語化に協力。現在はServiceNowにてエバンジェリストとして、CIO に

対するサービスマネジメント戦略のアドバイス、Web メディアへの執筆や

インタビュー対応などを精力的におこなっている。

 

『デジタルビジネスイノベーション=サービスマネジメント!』が標語・

座右の銘。EXIN ITIL マネージャ認定試験採点を担当。

著書として「アポロ 13 に学ぶIT サービスマネジメント」「ITIL 実践の鉄則」

「ITILv3 実装の要点」などがある。

 

最上 千佳子

日本クイント株式会社 代表取締役社長

ITIL Expert認定講師

 

システムエンジニアとしてオープン系システムの提案、設計、構築、運用、

利用者教育、社内教育など幅広く経験。顧客へのソリューション提供の中で

ITサービスマネジメントに目覚め、2008年ITサービスマネジメントやソーシング

ガバナンスなどの教育とコンサルティングを提供するオランダQuint社の

日本法人 日本クイント株式会社へ入社。2012年3月、代表取締役に就任。

 

■■——————◆◇—————-■■

◎◎本文章の無断転載禁止◎◎

■■——————◆◇—————-■■

EXIN JAPAN(情報科学試験機関)

https://www.exin.com

■■——————◆◇—————-■■