イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

2019 デジタル時代の「 サービスマネジメント上位資格者の会」

10月 21 @ 14:00 - 18:00

ITサービスマネージメント上位資格者同士の横の繋がりを強化し、気付きを得られる場を作ることを目的として、2009年より毎年開催している会です。

ITSMの領域では、コストセンタから価値創造、プロフィットセンタを挑戦する活動を長い間かけて取り組んでいました。全てが繋がっていくデジタル時代には、ICT部門のみならず、総務、財務、マーケティング、業務などいわゆる全ての部門もコストセンタからプロフィットセンタへの変革が容易になります。ビジネスはモノから繋がる部門/パートナ企業のトータルなITサービスの提供を通じて価値提供をし続けていく時代となってきています。

エンタープライズ サービス マネジメント(ESM)を実現していく中で、私達はどのような用意が必要でしょうか?

今回は、ご自身のキャリア形成も含めて、アップデートがかかっているITIL, ISO/IEC20000、進化するSIAM、更に消費者を意識したVeriSMなど皆様と情報共有、意見交換できれば面白いと思っています。是非、ご参加ください。

開催日 : 2019年10月21日(月)
日  時: セミナ:14:45~18:00(受付14:15~)
親睦会:18:30~20:30
開催場所: 東京都、千代田区
費       用: セミナ無料(事前登録制)
親睦会:6,000円@ニューオータニ(立食形式)
定       員: 66名
主       催: EXIN Japan
協  賛: BSIグループジャパン社、DIG2社、ITプレナーズ アジアパシフィック ジャパン社、NTTラーニングシステムズ社、QUINT JAPAN社、アイラーニング社、エス・エム・エス・データテック社、テクノファイブ社、トレノケート社、日本ヒューレット・パッカード社、ヒルアビット社、フェス社、

ご参加対象者:通常枠

  • ITサービスマネジメントに関する上位資格保持者(ITIL(マネージャ、エキスパート) ISO/IEC20000(コンサルタント、マネージャ、内部監査員、エグゼクティブ), SIAM(プロフェッショナル))EXIN以外での資格取得者は、資格の提示が必要
  • VeriSMはファンデーション
  • DevOps上位資格者(マスタ、プロフェッショナル)

ご参加対象者:特別枠

  • 今回は、キャリアを考えるセッションもあるため、若い方(20代~30代)を特別枠で募集します。次の有資格者も可能です。
  • ITILインターミディエート、ISO/IEC20000スペシャリスト

親睦会のみ、ご参加対象者:どなたでも可能

  • 親睦会のみのご参加も大歓迎! 親睦会は資格の縛りナシ。どなたでもご参加可能です。この機会に有識者の方々と意見交換してください

お申込み方法:

  • 申し込みは、PEATIXにて情報をご登録ください。 
  • 他の試験機関で受験された方は、次の情報を(info_JP@exin.com)に認定証をコピーを添付の上、ご登録お願いします。
    • ご芳名、企業名、部署名、メールアドレス、資格名(認定証コピーを添付)、携帯電話番号(緊急時の場合用)、親睦会参加の有無

 

  • チケットを入手された方は、基本的に、受付OKです。
  • 10月15日頃、受講票を一斉に送信予定

【プログラム内容】

14:15-14:45 開場、受付
14:45-15:05 ご挨拶
EXIN JAPAN 中川悦子
15:05-15:35 ITSMアップデート:ITIL4とSIAM
日本クイント株式会社 代表取締役 最上千佳子氏
(プロフィール)
ITSM、SIAM、DevOps等、IT技術を活用・強化しビジネスの成功に貢献するための、人材と組織のコンサルティングに従事。著書「ITIL(R) はじめの一歩」
(概要)
ITIL4とSIAMに共通するサービス・ドミナント・ロジックと価値の共創について紹介します。
15:35-16:05 ITSMアップデート:デジタル時代のサービスマネジメントとマルチプロバイダ間のプロセス統合
DIG2ネクスト株式会社 代表取締役 鈴木寿夫氏
(プロフィール)
講師およびコンサルタントとして、サービスマネジメントに関する18年以上の経験をもつ。itSMF Japan分科会では、SLM分科会、クラウドSLA分科会、IoTサービスマネジメント分科会をリード。現在、SIAM、VeriSMなどのデジタル時代に対応したサービスマネジメントの普及に努めている。
(概要)
今後ますます加速するであろうデジタル時代には、企業のケイパビリティを横断したサービスマネジメントの仕組みと、マルチプロバイダエコシステムにおけるプロセスとツールの統合が必要となる。
このような仕組みを構築するためのマネジメントプラクティスであるVeriSM、SIAM、ISO/IEC20000:2019の活用について共有したい。
16:05-16:20 休憩
16:20-17:00 ITSMを起点としたキャリア形成 ―バーサタイリストとしてVUCA時代を生き残る―
オリックス生命保険株式会社 執行役員 IT本部管掌 児玉英一郎氏
(プロフィール)
大学院修了後、ITべンチャーでのテクニカルサポート、対面営業、製品開発マネジャーを経て、独立系SIerでのITインフラSE、同コンサルタントとして活動。IBMに移り7年間、CxOの課題解決に焦点を当てたITプロセス改革コンサルティングに従事。2013年からsalesforceにて、カスタマーサクセスマネジャーとして損害保険など最重要顧客向けのアドバイザリー/プログラムマネジメント業務に従事。2015年オリックス生命保険入社。IT戦略プロジェクト推進部長として、IT戦略企画および主要プロジェクト/プログラム統括を担当。2017年よりIT本部長としてアプリケーションからITインフラまでの全階層と、戦略策定からエンドユーザサポートまでの全領域を統括する傍ら、ITマネジメント領域のインストラクターとしても活動。2019年7月より現職。
ITIL® V2 Manager/V3 Expert/4 Foundation, SIAM®/VeriSM™ Foundation, PMP®, PMI-PBA®,PMI-ACP®, CSPO®, CSM®, CISA®, CISM®, CGEIT®, CRISC®, Gallup Certified Strengths Coach
(概要)
これまで20年間、一貫してITに関係する業務に従事してきましたが、ITSMとの出会いを契機に、複数の領域に専門性(バーサタイリスト)を広げ、転職で職種(役割と責任)を変えながらキャリアを形成してきました。本セッションでは、知識取得に留まらない専門性の獲得方法や、成功談・失敗談の紹介を通じて、ITSMの上位資格者の皆さんが、変化が激しく不確実性が加速している先の見えない「VUCA時代」を生き残るためのヒントをお伝えします。
17:00-18:00 コニカミノルタジャパンが挑戦した「Business &IT Transformation」
~全てのビジネスプロセスをつなぐITプラットフォームで、データドリブンなサービス提供を実現~
コニカミノルタジャパン株式会社 IT Head 永島仁志氏
(プロフィール)
大手電機メーカを始めIT関連企業で35年に渡り情報システム領域に従事。
現在、コニカミノルタジャパン株式会社 CIOとしてIT領域を統括。
(概要)
コニカミノルタジャパンでは、中期経営戦略で掲げた「社会課題の解決に貢献していく課題提起型デジタルカンパニー」の実現に向け、サービス事業拡大に対応可能な業務プロセスの再設計と、それを支える一気通貫のビジネスプラットフォームを構築するプロジェクトを行った。マーケティング~営業~カスタマーサポート~基幹~経営管理といった広範囲にわたるビジネスプロセスとデータをシームレスに繋ぐアーキテクチャーや、 プロジェクト実行上のキーポイント、推進上の課題などをDXの考え方と合わせながら紹介致します。
セッション内司会:

野村総合研究所 MDC運用サービス二部
應和 周一氏, 大歳 岳 氏
(プロフィール)
NRIが提供するシステム運用の品質向上と効率化を担当

総合司会:

アクセンチュア株式会社 テクノロジー コンサルティング本部
インテリジェントクラウド&インフラストラクチャグループ
シニア・マネジャー 加藤 明氏
(プロフィール)
グローバル企業を軸とした組織変革に伴うIT組織変革支援を手がける。

18:30-20:30 懇親会
親睦会司会:

テクノファイブ株式会社 代表取締役 谷 誠之氏

ご協力者様:

  • 株式会社エス・エム・エス・データテック 黒石 悌氏(写真撮影、タイムキーパー)
  • 株式会社フェス 長崎 健一氏(親睦会 クローク、ゲームサポート)
  • 株式会社QES  安藤 智仁氏(会場準備、受付)
  • 株式会社ITプレナーズ 岡本 宗之氏(親睦会 受付)

詳細

日付:
10月 21
時間:
14:00 - 18:00
イベントカテゴリー:
, ,
イベント タグ:
, , , , ,

会場

東京都、千代田区

主催者

EXIN JAPAN