イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

Service North 2022 @UK

4月 6 - 4月 7

GBP69

コンファレンス プログラム

202246日(イギリス時間)

08:00 – 08:45

Chris Pope Chief Innovation Officer
NewRocket

繋がりから生まれるヒューマンエクスペリエンス

繋がりとは、人と人の体験です。人間的な体験は、ビジネスの進め方やお客様との接し方に大きく影響します。顧客は一緒に仕事をする組織に対して信頼を求めています。このセッションでは、隔たりを取り除き、期待の先頭に立ち、セルフサービスを可能にし、全体像を把握し、サービス従事者に力を与える方法について見ていきます。

 

08:45 – 09:30

Michelle Major-Goldsmith、Simon Dorst。
Kinetic IT

HORSES FOR COURSES

SIAMモデル(原型、ロードマップ、ブループリント)の紹介

長年にわたり、世界中のさまざまな顧客に対してSIAMソリューションを導入してきた経験から、SIAMの導入は簡単なことではないことがわかります。BODY OF KNOWLEDGEはベストプラクティスのアプローチを提供しますが、複雑なため、組織は最適なソリューションを構成するすべての要素を必ずしも実装せずに、特定のドライバをサポートするSIAMモデルを作成することがよくあります。

本講演では、以下のような共通のドライバーと組織目標に対応するために設計された4つの典型的なSIAMモデルをお話しします。

  • プロバイダーとの関係強化とパフォーマンス向上により、サービスの質を向上させたい
  • 焦点は、サービス提供におけるコストと効率性の最適化
  • 組織では、ガバナンスを強化し、サービス目標を達成することが必要
  • もっと新しい技術やサービスに対するアプローチを採用できるよう、柔軟性と拡張性を持たせたい

提示されたアーキタイプ(原型)は、Kinetic ITが長年かけて作成した「完全なSIAMの青写真」や、SIAM理論に関する深い知識と照らし合わせてマッピングすることが可能です。また、より成熟した完全なSIAMモデルに向けて前進しながら、組織がビジネス目標に沿った実用的な次のステップに集中できるように、アーキタイプ固有のロードマップを定義しています。

 

10:30 – 11:15

Steve Morgan
Syniad IT

話は前線から………

または、(SIAMプログラムを確実に成功させる方法と失敗させる方法!)

SIAMの運用モデルを導入するには、組織の設計、プロセス、契約、ガバナンス、ツール、そして最も基本的なのは組織の人材とその文化に渡る大きな変革が必要です。  このセッションでは、スティーブと彼のチームが最近行ったプロジェクトを振り返り、クライアントがSIAMプログラムを成功させた鍵となる要素、そして遅延や不確実性、コスト増の原因となった要素をお話します。

このセッションは、実際の導入における実践的な経験が大いに活かされています。  SIAMプログラムを計画中の方、プログラムの途中の方、終了したばかりの方、どなたにも楽しんでいただける内容となっています。

 

11:15-12:00

Thomas Graf
Lomnido

SIAMを自動化、オタクになろう

数十年にわたる何百ものサービス統合プロジェクトから、私たちのエキスパートが収集した驚異と知識から学んでください。APIの接続が課題ではなく、プロセスの統合が課題であることを実感してください。

サービス統合プロジェクトを成功させるために、トランザクションのパターンとパターン認識がいかに重要であるかをご覧ください。Thomasは、ベンダー、サプライヤー、サービスプロバイダをシームレスに統合し、サービス品質と顧客体験を向上させるための実践的なアプローチを紹介します。

 

13:00 – 13:45

Martijn Adams
4me

SIAM System of Recordの設定

SIAMを実践するには、企業が依存するすべての内部および外部サービス・プロバイダーのパフォーマンスをサービス・インテグレーターが追跡できるツールが必要です。企業やプロバイダーはすでに独自のサービス管理ツールを導入しているため、単一の記録システムを設定することは困難です。本講演では、これらの課題について説明し、外部プロバイダーが独自のツールを使用し続けることができる、より実用的で費用対効果の高い方法を提案します。

 

13:45 – 14:30

Danny Van Vosselen
2Grips

SIAM から XIAMへ

SIAMは、企業のサービスのエンド・ツー・エンド・エクスペリエンス全体をより高いレベルに引き上げ、XLAを実現するために、どのようなサポートを提供できるのでしょうか?

 

15:30 – 16:15

Saishankar Jayaprakash
Wipro

サイアムエコシステムにおけるサプライヤーを特定し、取り込むための実用的なアプローチ

様々なサプライヤーによって管理されている今日のIT環境は複雑さを増しており、効果的かつ協調的な方法でサービスを提供するために、顧客に提供できる構造的かつ堅牢なサポートモデルが必要とされています。重要な側面の1つは、SIAMエコシステムにサプライヤーを取り込むための実用的なアプローチを持つことです。

 

16:15 – 17:00

Rory Canavan
SAM Charter

ハイブリッドエコシステムにおけるライセンシングとコンプライアンス

このプレゼンテーションの目的は、ソフトウェア管理におけるリスクの本質を理解し、そのようなリスクがオンサイトのIT資産とクラウドの世界にどのように対応すべきかを理解することである。

 

17:00 – 18:00

ライブパネルセッション

初日総括/ライブ質疑応答

司会のClaire AgutterとゲストのMark Bradley (Flexera), Ram Kumar Sundaram (Accenture), Jacob Andersen (ITSM Consultancy Services) と共に、初日の講演で取り上げられた重要なテーマについて議論します。また、参加者の皆様からの質問も受け付け、活発な意見交換の場となることをお約束します。

2022年4月7日(イギリス時間)

08:00 – 08:45

TBC

セッション情報 – 近日公開

 

08:45 – 09:30

Bhavya Godavarthi
アクセンチュア

SIAMとオートメーション

本セッションでは、SIAMにおける自動化の重要性について考察しています。自動化を実現し、リーン化するためにどのような点に注力すべきか、また、SIAMにおける自動化によって得られる価値、自動化による生産性など、セッションの内容を紹介します。

最後に、Bhavyaは自動化の導入におけるリスク要因とその軽減策を検討します。

 

10:30 – 11:15

Brian Jones
Bloor Research International

心を掴む – SIAMのビジネスケースを作る

ファッション界のアイコン的存在であるバーバリーのプロセスとシステムの改革を大成功に導いた経験や、エンジニアリング複合企業であるスミスグループのITのグローバルな改革を主導した経験をもとに、ブライアンが学んだ重要な教訓をいくつか紹介します。

このプレゼンテーションでは、Cスイートからの支持の確保と維持、主要なインフルエンサーの特定と獲得、そして最終的なビジネス価値との関連付けといった要素が幅広く取り上げられ、有益な情報が提供されます。

 

11:15 – 12:00

Neville Hughes and Mark Bewick
CloudStratex

SIAMムエコシステムにおけるエクスペリエンス マネジメント

Neville Hughes氏とMark Bewick氏がSIAM環境の中で、エクスペリエンス マネジメントの手法を用いてどのようにサービスを向上させたかを紹介します。

本セッションでは、エクスペリエンス マネジメントとは何か、SIAM環境においてどのように活用できるかを解説します。また、契約、ツール、サービスインテグレータの役割、顧客組織とのコミュニケーションなど、実践的な内容となっています。

 

13:00 – 13:45

Craig Johnson
Digital Clarity

改善の自動化・加速化

このセッションでは、クレイグが組織内の改善を行うための新しいアプローチについて説明します。プロセス マイニング、ロボティック・プロセス・オートメーション、エクスペリエンス・レベル・アグリーメントなどの新しいテクノロジーを取り入れることで、改善のための候補がどのようにハイライトされ、それに対してどのような行動を取ることができるかをご覧いただきます。

クレイグは、なぜプロセスをインフラストラクチャのように監視する必要があるのかを説明し、プロセスマイニングがどのように組織の規模拡大に役立ったか、エクスペリエンスレベルアグリーメントがどのように組織のSLAを「ゲーム」から脱却させたか、実際のケーススタディで紹介します。

 

13:45 – 14:30

Martin Goble
Tata Consultancy Services

サービス インテグレーションの未来

組織が進化を続ける中で、SIAMが直面する課題について見ていきます。新しい組織モデルにおいて、なぜSIAMが関連性を持ち続けるのか、その理由を説明します。

また、サービスインテグレーションの成功は、進化したOKR(Objective and Key results)と成果ベースのレポーティングを考慮しながら、どのように測定することができるのかを見ていきたいと思います。最後に、新しいオペレーティング・モデルにおいて、SIAMをどのように契約することができるかを考えます。

 

15:30 – 16:15

Ronald Israels
Quint

リテインド組織の重要性

SIAMでは、リテインド組織が支配的な立場にあります。主な責務と責任は何ですか?これらを実行するためには、どのような役割が必要なのでしょうか。

この留保された組織は、事業とどのような関係があるのでしょうか?また、リテインド・リレーションはどのように実装すればよいのでしょうか。

このような疑問に、オランダ市場の事例をもとにお答えします。

 

16:15 – 17:00

Paul Kirkeiner
CNO Financial Group

SIAMが金融機関から学んだこと

本セッションでは、次について議論します。

  • 既存の景観
  • 代表的な課題
  • なぜSIAMなのか
  • SIAMソリューション
  • ジャーニーとメリット

 

17:00 – 18:00

パネルセッション/カンファレンスクローズ

2日目のまとめ/ライブ質疑応答

クレアは、プラチナスポンサーであるNewRocketの最高イノベーション責任者であるクリス・ポープと、Cloud Gatewayのマーケティングディレクターであるレイチェル・マッケルロイと一緒に参加します。カンファレンス2日間のSIAMのトレンドやトピックを振り返りながら、参加者の皆様からライブで質問をお受けしています。パネル終了後、クレアからカンファレンスを締めくくるコメントをお届けします。

 

詳細

開始:
4月 6
終了:
4月 7
参加費:
GBP69
イベントカテゴリー:
Web サイト:
https://servicenorth.scopism.com/agenda-2/

会場

Online

主催者

SCOPISM
Web サイト:
https://scopism.com