VeriSM™事例;カブドットコム株式会社:デジタル時代に必要とされるスピードと柔軟なマネジメント

VeriSMは昨年12月に書籍が発売され、そのコンセプトが紹介されました。 日本でも今年1月より紹介を行ってきました。

 

平成30年10月発売『VeriSM: Unwrapped and Applied』

実際どのようにVeriSMを使うのか、そのHOWが書かれたのが、10月発売の『VeriSM: Unwrapped and Applied』書籍です。

VeriSMのEarly Adapterとして、三菱UFJフィナンシャル・グループのネット金融サービス中核会社であるカブドットコム証券株式会社の事例が、この書籍に掲載されます。 世界の中から『Early Adapter』として掲載されるのは3社のみで、その中の1社として選定されました。

 

発売に先立ち、この書籍の紹介のために8月14日に最初のWebinarが開催され、世界中から多くの「Early Adapter」の方々が参加されました。

その際に、事例としてわかりやすくビデオをご覧いただきました。この『カブドットコム証券株式会社』の事例ビデオに英語の字幕を付け、わかりやすくした後に、デジタルコンピテンス財団(IFDC)が動画としてUPしました。

 

VeriSM X DevOps2.1 X TMS(Toyota Management System)

『カブドットコム証券株式会社』事例では、じつに多くの手法と最新テクノロジが活用されています。デジタルトランスフォーメーション時代にあった形で、それらをまとめ上げる「迅速で柔軟な」ガバナンスが必要でした。

そこで, ITサービス マネジメントの観点から、VeriSMが採用されました。

DevOps2.1は当社で提案している“DevOps Master”の企画内容で、開発と運用のIT部分のみだけではなく、ビジネス成果に重点をおいています。

海外向けに作製されたビデオですが、是非、ご覧ください。