ITIL Foundation

ITIL Foundation is a certification based on ITIL practices for IT Service Management. The Foundation certification aims to give professionals an understanding of the guidelines and framework.

概要

ITILファンデーションは、ITILフレームワークの基本的な理解を得ることを目的としています。 ITILの原則を適用できるというよりも、認識や理解することに重点を置いています。 ITILのライフサイクルに加えて、実践としてのITサービスマネジメントの基本をカバーしています。

トピックス

ITILファンデーションでカバーされるトピックには、以下のようなものがあります。
- 実践としてのITサービスマネジメント
- ITILサービスサイクル
- 技術・建築
- コンピテンシーとトレーニング

また、プロセス、モデル、機能、役割についても認定されます。 学習目標は、主要な用語や定義を知り、理解することに重点を置いています。

認証取得

認証取得

ITILファンデーションの認定を受けるには、40問の選択問題からなるITILファンデーション試験を受験する必要があります。 プロフェッショナルが65%正解すると認定証が授与されます。 試験は、座学の締めくくりとして行うことも、自習で準備することも可能です。

"ITIL® is DEAD!!!""ITIL®万歳!!!"

その中で、VeriSM™の発表に伴い、サービスマネージャーには2つの考え方があります。 まず第一に、VeriSMはITILを置き換えるものではありません。

続きを読む (英語)

VeriSM™とは何か、誰のためのものなのか?

VeriSM™は、デジタル時代にいかに良い製品・サービスを提供するかということに重点を置いています。

続きを読む (英語)

VeriSM™:新しいITSMグッドプラクティスアプローチの登場

ITILは、1990年代からITサービスマネジメント(ITSM)のベストプラクティス(優れた実践方法)として、他のアプローチの誕生や進化にもかかわらず、「フロントランナー」としての地位を確立してきました。 そして、それが何万もの組織を助けてきたことは疑いようがない。

続きを読む (英語)

このページは、EXINのウェブサイト上で目にする可能性のあるトピックや用語の背景情報を提供するために作成されましたので、ご注意ください。 また、公式の学習教材として、あるいは試験内容を反映したものではありません。